FC2ブログ
2019
07.16

Category: 日常

大阪市内生まれ・市内育ちの子はね、これが嬉しいの。
これでいいの。

比較しません。
今はこれ、
素晴らしいじゃん。

190711 (7)

190711 (8)

190711 (9)

大念仏寺に咲いてました。




Comment:0  Trackback:0
2019
07.15

三連休中


三連休中日のレッスンでした。
嬉しくって伸び伸び元気なあかりちゃんでした。

♪ エリーゼのために のレッスンは終わっていますが、
必ず弾いてくれて、どんどん上手くなっているのに驚きです。
余裕がで、音楽が発酵生成(?!)してきてるようです。

モーツアルトの♪ トルコ行進曲 は全曲は大変よ~。
まず指がとどかない。
でも原曲通り弾きたい。
口三味線では余裕ですが。


190709 (42)


背がどんどん高くなってく。
お姉ちゃんになってきましたよ。

ハムスターのハムちゃん、ミニダックスのフーちゃんとは
益々仲良くしているようでした。
ハムちゃんのお世話はすべてあかりちゃんがしているそうです。


さおちゃん、あかりちゃんのレッスン後、
期日前投票に行ってきました。
出口調査するかたは一人で、今回はスルーできました。





Comment:0  Trackback:0
2019
07.14

夏休みもうすぐ


さおちゃん、期末テスト終わりました。
音楽理論のテスト、いいとこいったようでニコニコしてました。

夏休みに入ったらすぐに飛騨高山で合宿だそうです。
飛騨高山~!、からくり人形の山車とみたらし団子と飛騨牛と。
朝市もね。

あら、お祭りは春・秋ですって。
中学の合宿だしね、ワタシの思ってるのとはチガウ、のかもね。


ジブリの曲とモーツアルト弾きました。
コンコーネ4曲歌いました。

合唱コンクールの曲決まりました。
さおちゃん、ソプラノ・パートだそうです。
とっても良い編曲です。

ママ~、拡大コピーしておいて~。


  190709 (85)

葉は全部ハート型でした。
なんていう植物なんだろう。




Comment:0  Trackback:0
2019
07.13

木々の緑

Category: 植物

昨年秋の台風被害が殊の外大きかった植物園でしたが、
ほぼ全域歩けるようになっていました。やっとです。

木々は、緑のグラデーションが豊富で繊細で優しかった。

190709 (27)

190709 (28)

190709 (38)

190709 (52)

190709 (59)

190709 (70)

190709 (39)


いろんな種類のおしゃべりな鳥がいましたよ。





Comment:0  Trackback:0
2019
07.12

おめでとう Hayabusa 2

Category: 日常

関係者の方々、ホントに嬉しそうでしたね。
100点。 いや 1000点だと。

190712 (1)
     (画像のクレジット:JAXA]


「はやぶさ 2」の小惑星リュウグウへのタッチダウン成功です。

190712 (2)
     (画像のクレジット;JAXA)

リュウグウに誰もいないのかしらね。
こらこら何するねんって、地球を襲ってこないかしらね。!!!





Comment:0  Trackback:0
2019
07.11

冷製 チーズフォンデュ

Category: 日常

ランチはイタリアンでした。
野菜をモリモリ食べよう! ということで
前菜は新メニューの2種。

190711 (4)


大阪野菜の冷製・チーズフォンデュ。

190711 (2)

冷製・バーニャカウダではないよ。

これ、ほんの前菜二人分です。

この後、いつものことだけどよく食べた~。





Comment:0  Trackback:0
2019
07.10

ぬばたま

Category: 植物

へぇ~、「ぬばたま」ってこんな花なのね。
♪ ぬばたまのー よね。

190709 (34)


・夏に、オレンジ色で斑点のある 6弁花が咲く。

・葉の並び方が、
 「檜扇」という扇子みたいなもの (ヒノキの薄い板を  
 とじあわせた扇)に 似ているところから。
・「桧扇」とも書く。

・タネは黒色で、 「射干玉(ぬばたま)」または
 「烏羽玉(うばたま)」という。
  (この射干玉の「射干」の音読みから   
 名前がつけられたのが しゃが(著莪))

・別名 「烏扇(からすおうぎ)」 
 タネが黒いことから。(烏は黒い)


190709 (35)

植物園の「万葉のみち」にひっそり咲いていました。
懐かしいような・・ 印象に残った花でした。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top