FC2ブログ
2020
05.20

歩いてきました


長居植物園入園OKになったので行ってきました。
バラ園、シャクヤク園が見頃、
クリスマスローズも見頃過ぎているといえど地味に咲き誇っていました。

200520 (4)

200520 (2)

200520 (40)


緑は深く、鳥たちの鳴声が例年より印象に残りました。

9743歩、歩いたようです。




Comment:0  Trackback:0
2020
03.07

梅・桜・メジロ


高津宮・花の公園の梅は見頃を過ぎていました。
花を一輪も付けていない木のほうが多かったです。

200306 (15)

200306 (8)

200306 (13)


レトロな珈琲店の前を子どもたちが。
保育園か幼稚園か。休園にはしてないのかな。
可愛いですね。

200306 (57)

真ん中のお店の珈琲、ゆっくり丁寧に点ててくださって美味しかった!


200306 (32)

200306 (35)

逆立ちしているメジロ君! ちょっとこっち向いてくださいな。




Comment:0  Trackback:0
2020
03.04

ずか


♪ すみれの花咲くころ~ 。
宝塚は、”ずか” 一色でした。

200223 (142)


子どもの頃は家族で結構来たように思います。
左側が宝塚歌劇場、右は武庫川です。

200223 (132)


”花の道”、すっごく変わっていました。
ここ、土手だったのだけど。
家族4人でこの道を歩いていたら、男の人が近づいて来て
父親に何か言ってた。

あとで父が ”だふ屋” の説明をしてくれたなぁ。

200223 (139)

200223 (141)


ワタシ自身は、マイクを通して大音量のスピーカーというのが苦手なんです。
耳栓したいくらいなんですが、(ゴメン)
以前のピアノの生徒さんが宝塚を受験し合格したこと
友人の妹さんが宝塚に入ったことで、
チケットをその都度都度にいただいて、かなり宝塚は観ています。

なんですか、色々のことを思いだした宝塚散策でした。




Comment:0  Trackback:0
2020
03.03

続・荒神さん


清荒神の参道に「高野槙」。これはよく見かけます。

200223 (71)


こちらは「荒神松」。珍しいんじゃないのかなぁ。

200223 (73)


荒神さんは火の神様、竈の神様ともいわれるように、
主に台所に安置される神棚には、「荒神松」と呼ばれる榊を祀ります、
とのことです。


200223 (74)

200223 (92)


  200223 (86)

清荒神には滝があったり川があったり。
水を見ると気分が変わります。

このあと宝塚までウオーキング!




Comment:0  Trackback:0
2020
02.28

たい焼き くん


阪急清荒神駅から続く参道の両側にはたくさんのお店があります。
お寺の行き帰りのお楽しみですね。

ん十年ぶりだと思う、たい焼き!
たいのお顔っていろいろあるのかな? なんて思いながら。
ガブリといく前に撮らせて~。 友人に持ってもらった。

200223 (107)


たい焼きが登場する文学作品
買い食い文化が発達した江戸時代から、その場で食せる庶民のおやつは人気があり、
明治期以降、東京に暮らした多くの文豪もその作中にたい焼きを登場させている。
吉本隆明は高村光太郎の一文から、
たい焼きを「男のせつなさの象徴」ととらえている。

泉鏡花 『露肆』
織田作之助『俗臭』
高村光太郎「美の監禁に手渡す者」『智恵子抄』
林芙美子『放浪記』




Comment:0  Trackback:0
back-to-top