2017
05.15

ブルーシンフォニー


吉野山を下って吉野駅到着。
阿倍野橋行き「青の交響曲」(Blue Symphony)が停車していました。

P5110157.jpg


モーツアルト? 違う違う、ハイドンだ。
優雅に、交響曲101番第二楽章「時計」が響きます。
マッチしているといえば、マッチしている、か。
今後このメロディを聞けば、この列車が思い浮かぶことは間違いない。

P5110158.jpg


空いてましたよ。 乗るチャンスだったかも。

P5110161.jpg


発車待ちの阿倍野橋行き「急行」内は~、
みなさん見学に出ちゃった。

P5110163.jpg


a170514.png   
     急行を置いてけぼりに、我々ヤジウマ(!)に見送られながら、
     ブルーシンフォニーは、緩りと始動したのでした。                                  




Comment:0  Trackback:0
2017
05.12

吉野山@かぎろひ歴史探訪


2017年5月11日、かぎろひ歴史探訪は
”一目千本”の桜で有名な、吉野山でした。
桜、紅葉、雪の吉野山は経験ありですが、新緑の吉野は初めてでした。

figura(a) (1)(コース)
 吉野神宮駅→吉野神宮→(バス)→奥千本→金峯神社
 →高城山展望台(昼食、講座)→吉野水分神社→竹林院→桜本坊
 →勝手神社→吉水神社→蔵王堂→銅の鳥居→下千本→近鉄吉野駅

新緑が、今回の圧巻といえるでしょう。

P5110003.jpg


吉野神宮。

P5110001.jpg


いいとこやった~。 人っこ一人いなかった。 

P5110014.jpg


吉野神宮からくねくね曲がる道を、
慎重な運転手さんのバスで、一気に奥千本まで。こんなバスでした。

P5110016.jpgP5110017.jpg


奥千本口到着。 
ワタシ、思わず先生にお聞きしました。
バスで登ったぶん、歩いて下りるのですか? 
「ハイ」、 「ウオーッ」。

あちこち立ち寄り歴史話を聞きながら、下山です。
シャガが群生していました。
名前の知らない山野草もいっぱい。

P5110039.jpgP5110058.jpg


P5110026.jpg


P5110029.jpg


P5110037.jpg


P5110062.jpg


P5110066.jpgP5110069.jpg
P5110072.jpgP5110081.jpg


P5110075.jpg


ここにお住まいの方々は、こんな眺望絶景が日常なんですよね。

P5110090.jpg


P5110092.jpg


P5110093.jpg


花の名前を教えていただきながら、坂道を下る、下る。
股関節と左膝に痛みが~。
少し休むと治るのだけれどな。
心臓がハアハアというより、足にきた。

P5110084.jpgP5110086.jpg
P5110096.jpgP5110102.jpg

P5110109.jpgP5110121.jpg
P5110134.jpgP5110151.jpg


緑に癒されながら、♪ 歩こ~、歩こ わたしは元気。

P5110100.jpg


P5110101.jpg


P5110104.jpg


P5110140.jpg


大~きい。 

P5110143.jpg


P5110149.jpg


お世話になりながら、吉野駅に到着です。
吉野駅って、前からこんなにキレイな駅だったっけ?と思いながらの一枚。

P5110156.jpg


ここはどこ何処?っていうのは、かぎろひさんに託すことに。

”かぎろひNOW” → 下見の様子です。
11日(木)本番の記事は、またリンクさせていただくことにしますね。

  (足痛? 冷た~いビールをくっと飲んで回復。単純なんです)


figura(a) (20)

かぎろひさん、吉野山本番の記事「新緑の吉野山探訪」です →

お世話になりました。
いろいろご苦労さまです。
毎度毎度、暢気に歩かせていただいています。
ありがとうございます。




Comment:4  Trackback:0
2017
05.06

お練り


大念佛寺のおねり。
それぞれの楽器を持ち、 こんな感じの二十五菩薩が
本堂の周りをゆっくり行進します。つまり、お練り、です。

oneri100.jpg


P5030049.jpg


お練りのための特設廊下を、ゆるりゆるり。
ゆるりと感じるけれど、結構早足かもね。
次の菩薩さんとの間隔が長いので、ゆっくりに思うのかもしれません。

P5030035.jpg


P5030043.jpg


P5030037.jpg


奈良へよく行くようになって覚えた名だたるお寺の、
住職さんたちも多く来ておられました。

P5030072.jpg


本堂内から、本堂周りの縁側から、地上三方から、
どこからでもよく観ることができるので、人出はかなりですが、大丈夫です。
写真撮影は、かなり難しい!

P5030059.jpg


「鐘楼」
江戸時代の名鐘、とあります。
この鐘は、と~っても良い音の時と、なんだかな、という時とあるのよね。
打ち手の問題?、こちらの耳の加減?

P5030073.jpg


P5030013.jpg


暑くもなく寒くもなく爽やかな日でした。
午前中、声明とバンドゥーラのコンサートを聴き、
境内でおにぎりを食べ(お腹が空いてね)、
何度も見ているのでどうしょうかと思っていた「お練り」も、
本堂の内から外から、最終まで見ました。

外国の方々も、オオー、なんて小さく声を上げながら写真を撮っていました。
靴を脱がないといけないとか、椅子がないとかで、四苦八苦してはりました。

信者でもありませんのに、存分に楽しませていただきました。




Comment:0  Trackback:0
2017
04.21

山田寺跡~甘樫ヶ丘@かぎろひ歴探


2017年4月20日(木)、かぎろひ歴史探訪。
晴れのち曇り、気温20度前後、程よいウオーキング日和でした。

figura(a) (1)(コース)
  近鉄橿原神宮前駅→バス飛鳥資料館前→東(ヤマトメ)大谷日女命神社
  →山田寺跡→山田集落→飛鳥資料館(見学、田中先生講義)→弘計(オケ)神社
  →八釣集落(井村家住宅見学)→マキト古墳→甘樫ヶ丘(縦断コース)
  →近鉄岡寺駅


「万葉の里」は、おおらかな里でした。


山田寺跡

P4200013.jpg

P4200019.jpg


飛鳥資料館
発掘作業をしていて、こんな廻廊が出土したら、驚いて嬉しくて、狂喜乱舞だわ。

P4200055.jpg


資料館庭園
ゆっくり散策のあと、田中先生の歴史話がありました。

P4200064.jpg


こんにちは (チガウ か!)

P4200066.jpg


ニョキニョキ。

P4200080.jpg
            (?!)
P4200127.jpg


P4200088.jpg


P4200099.jpg


P4200101.jpg


P4200113.jpg


甘樫ヶ丘、縦断で~す。
木々の緑と、山々と、鳥の鳴声と。
一日中でも、いたい場所。。

P4200128.jpg


P4200138.jpg


P4200141.jpg


P4200144.jpg


P4200154.jpg


P4200159.jpg



よ~く見ると、野スミレが幾種類も咲いていた。
スミレの根は、とても深いんですって。

P4200010.jpgP4060101.jpg
P4200032.jpgP4200157.jpg

P4200163.jpgP4150091.jpgP4200038.jpgP4200045.jpg

皆さま、ありがとうございました。


figura(a) (20)

P4200092.jpg

ナイス・ソックス、第三弾。 
レッツ バレエ、マダム!


かぎろひさんのブログ 「かぎろひNOW」です。  
  20日(木)本番 →   下見 →
桜から新緑に変化してる!




Comment:4  Trackback:0
2017
04.17

自然がいっぱい


古の奈良を歩いていると、木々や花の色、鳥の鳴き声や、
水の音、風の音が、鮮明に感じられます。

4月6日の歴史探訪では、 こんな所を歩きました。

P4060117.jpgP4060080.jpg
P4060121.jpgP4060111.jpg


どこへ行ったの? 何があるの?

はい、こういう所 かぎろひさんのブログへ、どうぞ。
かぎろひ歴史探訪「かぎろひNOW」 → (6日・本番) ☆☆(下見)


P4060047.jpg

P4060065.jpg

P4060066.jpg

次回は「万葉の里」を訪ねるそうです。
楽しみ!




Comment:0  Trackback:0
back-to-top