2018
01.20

期せずして


先日、難波の府立体育館の近くを歩いていて、神社かな? と。
ええっ! なに? なに?

P1200033.jpg


ええええ!!!

P1200032.jpg



【難波八阪神社】 ですって!
知らんかった~。
これは【獅子殿】 で、口の中が舞台になっているそうです。
お正月には神楽など、夏祭りには獅子舞などが奉納されるとのこと。


P1200013.jpg

ちょっと驚いた。


P1200020.jpgP1200019.jpg



こちらが【本殿】 です。

P1200010.jpg


結婚式でした。
花婿はスペイン人(たぶん)、花嫁は日本のかたでした。
参列者は大勢で、スペイン語があちこちから聞こえてきました。

P1200011.jpg


帰宅後ググってみたら、獅子の目はライト、鼻はスピーカー なんですって。

難波八阪神社(なんばやさかじんじゃ)とは大阪市浪速区に鎮座する神社。
 祭神は素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子命など。
 よく「難波八坂神社」と書かれているが、これは誤字である。
 獅子舞台という大きな獅子の頭の形をした舞台があることで有名である。





Comment:0  Trackback:0
2018
01.15

平野郷


「平野郷環濠跡」を歩くと、いろいろな出会いがあります。

小川の屈強であろう藻や草を、ぐいぐい口で引っぱっていました。
この子たち、食べるために力を尽くしていました。 案外、力持ち。

P1130028.jpgP1130021.jpg


たそがれ君。
もうちょっと良い声で鳴いてくださいな。

P1130035.jpg


飛行機だ。

P1130020.jpg


小川のほとり。

P1130037.jpg


P1130019.jpg





Comment:0  Trackback:0
2018
01.14

散歩


昨日の杭全神社です。
≪一月十五日 月次祭 成人祭 とんど≫ とあります。

とんど(どんど)は、燃やすんですよね。
何を。 門松とか竹とか、ですかね。

炎を見るのが好きなので、明日行ってみようかしら。

P1130005.jpg


拝殿のうしろに第一、第二、第三本殿があります。

P1130009.jpg


こんな方たちも。
でも、どうしてこんなふうなの?
縛られてる!
普段は、こんな紐はない。(と思う)

P1130013.jpgP1130012.jpg


P1130006.jpg


          figura(a) (25) figura(a) (25) figura(a) (25)

この神社は、ワタシの散歩コースの一つです。




Comment:0  Trackback:0
2018
01.08

一心寺さんへ


「一心寺」と「四天王寺」は、大阪生まれ大阪育ちのワタシのような者には、
馴染みある懐かしい場所です。
みな、一心寺さん、四天王寺さん と呼び、宗派を越えて人気のあるお寺です。
子どもの頃は、おばあちゃんに連れられてお参りをしたものです。

P1070023.jpg


P1070017.jpg


P1070014.jpg


P1070015.jpg


ろうそくと線香の炎が冷たい空気の中で輝き、
参拝者はその薫りで清められているようでした。

P1070024.jpg
P1070025.jpg


「一心寺」は、”骨仏” の寺として知られています。
辻仁成に「白仏」がありますが、こちらの骨仏で、小説「白仏」を思い出しました。

一心寺からは、天王寺を目指し歩きました。

七日に七草粥と散策、ヘルシー!!




Comment:0  Trackback:0
2018
01.07

四天王寺さん


友人と「四天王寺」界隈を散策してきました。
ワタクシ、案内係!
三箇日も過ぎたし人出は少ないよ、なんていったのですが・・・
なんのその、でした!

”四天王寺マルシェ” の大阪の食・物 を楽しむこともできました。
ここで、美味しいたこ焼き食べましたよ~。

P1070010.jpg


【謹賀新年】

P1070009.jpg


P1070004.jpg


P1070006.jpg


P1070007.jpg


P1070002.jpg


期せずして、お正月気分を味わったのでした。
そうか、まだ松の内ですものね。

ここから、「一心寺さん」 へ。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top