FC2ブログ
2018
09.23

本日は晴天なり


今朝9時前から、さおちゃんレッスンでした。
中学生になって、夏休みが終わって、早いな、もう二学期です。
あと一週間で今年も10月ですって。

忙しそうだけれど、受験準備の頃よりはやはりゆとりがあるように見受けます。

体育祭、文化祭の次は、秋の遠足かな。
さおちゃん的には、中学の遠足はイマイチらしい。
見学など、お勉強要素が強いんですって。

ピアノは弾きさえすれば、早くまとまるタイプです。
弾きさえすれば! 
時間がないわりには、弾いているようです。


180921 (7)

さおちゃんは、イケメン好き。 ハハ。
今日よく分かったよ。




Comment:0  Trackback:0
2018
09.08

台風一過


合唱コンクール曲 ♪ あすという日が (山本櫻子 詩、八木澤教司 作曲)の
練習をしました。
11月にテストだかコンクールだかがあるそうです。
さおちゃんは、ソプラノ・パート担当です。

学校の音楽の授業ではまだ一度しか歌ってない。
お友だちと練習している。
エライエライ。 伴奏はどうしてんの? 
アカペラでハモリ!
高音も低音も素直な発声だし、表現力も豊かなんです。

ピアノはバッハもモーツアルトもあと一息!


さおちゃんは中一です。
先日の本格的(!)台風は生まれて初めての体験でした。
窓から眺めていたそうです。
飛んでる物がガラス窓を突き破って入ってくることがあるそうです。
分厚いカーテンも閉めておくんだって。
注意されたのよ、ワタシ。

180908.jpg

台風一過。 さおちゃんママ撮影。
いたるところで、木が倒れていました。
今日はほとんど片付いています。




Comment:0  Trackback:0
2018
08.31

夏休み終わってた


8月31日(金)18時~、さおちゃんのレッスンでした。
明日から二学期ねぇ、なんて思っていたら、27日から授業は始まっていた!

モクモクモクモク雲が現れ、お外は息がし辛いほどの湿気でした。

180831.jpg


レッスン中に短時間大雨が降ったようで、途端に涼しくなりました。


モーツアルトとバッハ、練習不足は否めないんだけれど、
部分練習しつつ 3回も弾けば、楽譜どおりには弾けるようになります。
湿気っているからでしょうか、ピアノの響きがうなり気味。

11月に歌う合唱曲が決まったと楽譜を用意してくれていました。
B5からA3に拡大コピーをしておいて~。
見えへんがな! 五線がぼやける~、はあぁぁ。


明日は、9月。
さあ、心機一転、シャキッといきましょ。





Comment:0  Trackback:0
2018
08.22

成長著しい


20日(月)16時のレッスンでした。
おじいちゃんおばあちゃんの所で、楽しく過ごしてきたようです。
いいなあ。

バッハ・平均律・プレリュード1番、雰囲気つかめてスムースです。
フーガも弾こう! 四声はちょっと難しいかもですが、良い曲!!

ナポリ民謡 ♪ 海に来たれ 、イタリア語で歌おう。
「声だしやすいね」 とのこと。

弾き語り、ソルフェージュ、よく理解できていて順調。


学校の宿題は~、まあまあ、もう少しのようです。

   180820 (8) (写真提供! F ちゃん)


手足が長くなってるよねぇ。
この時期の成長には、目をみはるものがありますね。





Comment:0  Trackback:0
2018
08.09

Bach


お盆に、おじいちゃんおばあちゃんのお家に行くのを楽しみにしている、
さおちゃんでした。

ドイツの作曲家 Johann Sebastian Bach (1685~1750)は、
バロック時代最大の音楽家の一人で、バロック音楽の全ての様式を統合し、
多声音楽(ポリフォニー)の極致を完成しました。

   180809 (1)

そんなバッハの、♪ BWV 846 前奏曲 - 4声のフーガ ハ長調 の
練習にはいりました。
さおちゃんが、好きで選びました。

180809 (2)

                      ・
                      ・
                        

平均律クラヴィーア曲集(1、2巻)はそれぞれ24の全ての調による
前奏曲(プレリュード)とフーガで構成されています。

この曲はシャルル・グノーがアヴェ・マリアの伴奏として用いています。
アヴェ・マリアも歌ってみましょうね。
フーガも弾いてみましょう。

声がよくでるようになってきました。
演技本能あり。
「愛しそうに」「祈るように」・・ すぐに反応して、
表情豊かに歌います。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top