FC2ブログ
2011
08.10

ペルセウス流星群

Category: 日常
流れ星のお話です。


110810p (5)


毎年お盆のころ、ペルセウス流星群を観ることができますね。
今年は、12日 (金) 午後11時頃~翌朝 4時頃だそうです。

1時間あたり、50個~60個流れるので、1分に1個ということになります。

今年は明るく見えるようなのですが、
ところが、14日 (日) が満月なので、これまた、明るい月なんですよね。

このお月様をできるだけ視野に入れないようにして、
観ればいいわけです。

肉眼でOK。
のんびり気長に待つのだよ~!


   ma (46)

流れ星の正体は、
地球のまわりにある1mm~1cmほどの小さな宇宙のちり。
これがすごい速さで地球の大気の中へ飛び込んできたとき、
流れ星になる。
宇宙のちりは、固い大気の壁にぶつかってこわれ、
こわれた時のエネルギーで熱くなって周囲の大気分子と一緒に発光する。

私たちを取り巻く大気は,少しも固くないが、
速いスピードでぶつかると、空気も固い壁のようになる。
高いところから水に飛び込むと、
水面が固くなったように感じて痛いのと同じ理屈。
流れ星が光る場所は、国際線の飛行機よりずっと高く、オーロラよりは低い場所。

   ma (46)  



110810p (6)  110810p (7) 


ペルセウスは、ギリシャ神話にでてくる神様です。
ギリシャ神話や、星座や宇宙の本を、子どもも、大人も、これを機会に、
もう一度読むといいなと思います。


110810p.jpg


110810p (2)



流れ星を観察できたら、教えてくださいね~。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top