2014
10.31

舞台で

Category: 音楽
ソプラノのジョイントコンサートに行ってきました。

舞台に上がって歩いておられて、ドレスの裾を踏んで、あっ!
キラキラ長いイヤリングが、肩のレースにひかかって、あっ!

それも二度づつあったけれど、ご本人も客席も笑って対処し、
事なきを得ました。

こういうこと結構あるのですよね。

ドレスもアクセサリーも靴も、ウオーキングも含めた
注意深いリハーサルが必要ですね。
演奏者は自分の音楽のことに一生懸命ですから。


141018na (3)

今日の場合は、そんなことが却って客席と舞台の一体感が増し、
緊張も軽減したという効果があったかもしれません。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top