2017
02.28

三線など

Category: 音楽

Fちゃん一家は、みなさん(3人)音楽好き。
Fちゃんは、ピアノ、三線 etc.
ママは、三線、沖縄舞踊、etc
パパは、ヴァイオリン、沖縄音楽 etc..

Fちゃんの三線演奏、ママとの二重奏・唱も聴かせてもらった。
必ず歌がはいるようです。
ほとんどは、踊りもつくらしい。
パパの横笛演奏も。
カスタネットのような打楽器は触ったけれど、ムズカシかった。

P2270001~1


「四つ竹」は、竹を2枚ずつ両手に持ち、ならす。
「三板」は、3枚の紫檀の板製で、カスタネットやタンバリン的に扱う。

P2270002.jpg


楽器の名前。 Fちゃんが書いてくれた。

P2280007.jpg


三線の胴巻き(ティーガー) Wikipedia より借用
ティーガーとは「手皮」の琉球語読み。
胴の周りにつける装飾的な胴巻きのこと。
以前は家紋をあしらったシンプルなものが多かったが、
高度経済成長期を経て色や素材、デザインにバリエーションが増し、
オリジナル性やファッション性に富んだティーガーがよく見られるようになった。


P2270003~1

P2270005.jpg


ちなみに、三味線は、中国・琉球王国・東南アジアからの伝承によって、
1558年に、泉州(今の大阪府堺)へ伝わり、
日本本土の三味線の起原となったのだそう。
なるほど、堺なんや!


沖縄音楽の音階は、西洋音楽でいう音階の「レ・ラ」抜きの5音音階。
「レ」だけ抜いても沖縄っぽくなる。
0nnkaiokinawa.png


沖縄の音楽については何も知らなかったし、
ほとんど興味も持っていなかったワタクシ。
ご一家のおかげで、沖縄音楽にも目が向き、
その多様性、芸術性に、新鮮な驚きを感じているところです。
三線してみたい? 歌ってみたい?
一家の演奏を聴いていて、ふわっと見えたのは、踊り。
ワタシ、踊りがええわ。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top