2017
03.10

竹の、春・秋・花

Category: 植物

竹林のカーテンを透けて見えるカンザキハナナ(寒咲き花菜)。(3/9)

P3090021.jpg


2ヶ月前、寒咲き花菜側から見たらこんな感じだった。


P1090029.jpg

竹の秋、竹の春、について教えて頂いた。

竹の秋 とは
三月から四月にかけて、竹の葉が黄ばんでくる。
これは地中の筍を育てるために、一時的に葉が衰える現象である。
そのさまが他の植物の秋の様子に似ているので、竹の秋という。
秋になると竹は勢いを増す。

竹の春 とは
他のほとんどの植物とは対照的に、竹は筍の生長した秋になると
緑色濃くなり、繁茂する。 これを竹の春と呼ぶ。
筍のできる春から初夏には養分を奪われた親竹は色あせ、葉を落とす。
これが竹の秋である。


P3090020.jpg

これ、枯れてしまってるのだけれど、竹の花ですって。
竹に花が咲く?! 知らんかったあ。

竹の花は、60年に1度咲くとも、100年に1度咲くとも言われていますが、
どちらにせよ開花することそのものが珍しい植物であり、
もしかするとこれを逃すと見ることはできないかもしれません。

ただ、タケは花をつけると枯れてしまうというのが定説です。
1区画分のタケがほとんどすべて咲いているので、
あのスペースがすべて枯れてしまうと大変なことになります。
どうしましょう…
     (植物園HPより)




Comment:0  Trackback:0
back-to-top