2018
03.17

牡蠣蕎麦

Category: 日常

パラリンピックの視覚障害の選手のスキー競技をテレビで見ていました。
伴走というのかな、先に滑る人がいるじゃないですか。
知り合いにそういう人がいて、どちらも凄いよなと。


チャンネルを変えたら、大阪南堀江の街特集をしていました。
ナウくてポップな若者の街です。
  (昔は家具屋街ーワタシの子どもだった頃)
アメリカ村直近です。 (楽譜屋さんがあるのでよく行くのです)

その通りのお蕎麦屋さんがテレビにでていました。
古い昔からあるお店です。
この時期、ワタシはそこに行くと、温かい牡蠣蕎麦を注文します。
あらあ、有名なんですって。
770円だよ。

厨房のおじさんおばさんは、ご夫婦のようです。
行く度なんですがね(毎度よ、例外なしよ)、
厨房で大声で、夫婦喧嘩なんです。
それが、面白いの。
おおさか~、なんです。

何時までお店は開いてるんだろう。
牡蠣や蕎麦が売切れたら、閉店なんでしょう。
商売気がないのか、いつも夕方6時前には、暖簾は下りてます。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top