FC2ブログ
2018
07.30

明日の夜空

Category: 日常

ワタシは空を見上げるのが好きです。
物心ついた頃からです。

和歌山や奈良の天文台へは泊りで何度も行きました。
大きな天体望遠鏡で、月のボコボコや木星の縞縞や、
土星の輪っかを見た時は感動でした。

各部屋に自分で操作する天体望遠鏡も設置されているのですが、
操作が難しい。
教えてもらえますけれどね。

せっかく行ったのに、急に雲が現れて、何も見ないで帰宅、
なんてこともありました。

明日(31日)の夜空、赤く輝く火星が見えるはずです。


火星は、地球のひとつ外側を公転している惑星です。
火星は直径が地球の半分ほどしかなく、地球から遠い位置にあるときには、
望遠鏡を使っても表面のようすをなかなか観察することができません。
しかし、火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近し、観察の好機を迎えます。
そして、その観望の好機が、2018年の夏に訪れます。
2018年の夏は、赤く輝く火星に注目しましょう

火星と地球の最接近は、2018年7月31日に起こります。

「大接近」と聞くと、その日や時刻ばかりを気にしてしまいがちです。
しかし、火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、
観察しやすい時期が長く続きます。
2018年夏から秋にかけて、赤く明るく輝く火星を楽しみましょう。

   (NAOJ)


mars2018-s.jpg

position03-s.jpg
   (NAOJ より拝借しました)


子供たちと星の話をよくするのですが、みな星が好きです。
しっかり勉強してワタシに説明するようにお願いしてあります。





Comment:2  Trackback:0
back-to-top