2010
07.25

思い出の木

Category: イタリア
olivo1.jpg

イタリアでは自然環境保護団体のひとつが
「 自然の長老 ( パトリアルク )の調査と記録 」 というのを
行っているという記事が、朝刊に載っていました。

老木の樹齢調査ですね。

イタリア最長老の樹木は、なんと推定樹齢 3800年、
サルデーニャ島にあるオリーブの木だそうです。

オリーブは、遥か昔から神聖な樹木とされていて、
オリーブの木にまつわる神話は数多くあります。

地中海東岸では、紀元前3000年代には
すでにオリーブを栽培し油をしぼっていたと言われます。


olivo2.jpg

イタリア、スペイン、ギリシャなどでは広大なオリーブ畑があって、
ヨーロッパ中が花盛りになる5月6月に居合わすと、
小さい白い花を無数につけたオリーブの木を見ることができます。

青い空の下、オリーブグリーンの畑を小高い丘の上から見晴らしていると、
その世界は神々しく、輝いているようで、
夢の中か別世界にいる錯覚におそわれたものです。

以来、オリーブの木が大好きです。

nec_0054.jpg


思い出の木は? オリーブ!

3800年しっかり生きるオリーブの木に会いに、
サルデーニャ島に行きたいな。







トラックバックURL
http://sifaso.blog27.fc2.com/tb.php/72-ad2d8d3d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top