2017
09.14

いながらにして

Category: 日常

こういう写真を見て、ここは古墳だ、と分かるようになったのも、
春・秋の「かぎろひ歴史探訪」に参加するようになってのこと。

いい所ですねぇ。

170914 (2)

残念ながら、今日の歴史探訪は参加できず、でした。
お友だちが写真を送ってくれました。
ブログへの使用許可(ハハ)も頂きました!

「都祁の里(つげのさと)」の三陵墓古墳群(さんりょうぼこふんぐん)」です。

おいしい空気を胸いっぱいに、
うつくしい緑を目にいっぱいに、
いながらにして、そんな気分。




Comment:4  Trackback:0
2017
09.13

ろくな

Category: 日常

国内外、ろくなニュースのない昨今ですね。
  (ろくな、ってどんな漢字なんだろう、調べたら、陸な、だった)

陸なニュースの兆しのあるのはね、子ども達の中です。

子ども達を、育まなければ!

子ども達は、育まれなくては!




Comment:0  Trackback:0
2017
09.12

雨露

Category: 日常

早朝に大雨洪水警報がでたものの、
ここ大阪市内は大したことはありません。
近くの奈良は、大変なことになってるようですね。

起き抜けにベランダにでたら・・・ 雨露が。
建物が写り込んでたんだけど・・・これでは、よく分かんないか。

170913 (2)


鮮明透明、輝いてた。
ポンと触れても水滴落ちないし壊れないのね。

170913 (1)


この夏は、暑かった、忙しかった~。
この雨で、暑さも忙しさも、落着かな、ってところです。


170913(3).jpg




Comment:0  Trackback:0
2017
09.10

頭の中で想像した


10時、あかりちゃんのレッスンでした。

あ: 「♪メリーさんの羊、ヘ長調で弾いて」
はい。
あ:「ここから弾いて」 (何調かは、分からない、知らない)
  「こんどはここから」 (何度も、いろんな調で)
目下、あかりちゃんのブームです。
もちろん、あかりちゃん自分で弾けますよ。

ト音記号もヘ音記号も読めて、和音を楽譜に書くこともできます。

figura(a) (16)figura(a) (17)

1オクターブの音階も弾けるようになりました。
音階は指を乗り越えたり、くぐらすのところが、お気に入りなんです。


〇さんは67歳、△さんは69歳。
何才違うか計算し始めて・・ あ:「2歳やね」
どう計算したの? 69-67 は?って考えたの?
あ:「違うよ。頭の中で想像した」
どういうふうに想像したの?
あ:「7から9にいくのはいくつかなと想像した」

  170910 (3)

運動会は10月1日、練習してるけど、
今運動場は工事中、運動会できるのかなぁ、分からんな、
だそうです。





Comment:0  Trackback:0
2017
09.09

名曲でソルフェージュ


さおちゃん、今日は夕方5時半からのレッスンでした。
午前中は学校の用、午後は塾、そしてピアノ。
一日よく頑張りました。

目をつむって、テキトーにアチコチ鍵盤にタッチして、音当てをしてました。
ふむふむ、と。
面白い? 絶対音感に興味あるものね。

ソルフェージュの教材に、ベートーベンやモーツアルト等の名曲を
歌うものがあります。
たとえ 8小節でも、どこか違うのよね。
さおちゃん、お気に入りのようで、レッスン終わっても口ずさんでいました。

   170910 (2)

10月には、小学生最後の運動会があります。
去年は ♪ソーラン節 踊ってました。 今年は? 
今年は、組体操だそうです。
組体操って、危険だから中止になったのでは?
キリキリ大丈夫なものだけ、するそうです。 へぇ~。

日焼けし、またまた背も伸びてるようでした!


  170910a.jpg

先週行ったユニバの写真が届きました。
まさに、よく遊びよく学び、の さおちゃんですね。




Comment:0  Trackback:0
2017
09.07

好い

Category: 音楽

良い曲があるのよ、と。


武鹿悦子 作詩
寺岡悦子 作曲
♪ さくら

170907 (1)


さくら  武鹿 悦子 詩

さくらが さくと
うれしくて
かぜも さくらを みにきます

さくらが さくと
うれしくて
あめも さくらを みにきます

 火
 水
 木
 金
 ちら
 ちらちら

ことしの さくら
さようなら


詩も曲も、外連味なくて、好いな。
友人が楽譜をコピーして送ってくれました。

   ※でもね、先日この友人と話している時に言ってた曲は、
     武鹿さんと寺岡さんの曲で、♪ うぐいす 、だったのよねぇ。
     お礼メールをしたら、電話がかかってきました。
     ♪ さくら もなんだけどね、♪ うぐいす なのよ、ハハ、と。
     すぐ送るわ、ということですが、近々コンサートで会うので、その時に、
     ということにしました。
     類は友を呼ぶ。 ええかげんなんですわ(ハハ)。
     

さんざん無理して(!)、難しい楽曲を勉強してきて、
でもこの年齢になって、日本人ならではのこういう感覚、 いいよな。




Comment:0  Trackback:0
2017
09.06

バカンス

Category: 日常

今年も例年通り、海外組友人たちがバカンスで帰国しました。
ほとんどはヨーロッパから、一組は中国からです。

例えばイタリアからの場合、友人の子どもたち(孫たち!)は、
3ヶ月強の夏休みです。
子ども達は、その間、日本の小学校で学び遊び、旅行をし、美味しいものを食べ、
おじいちゃんおばあちゃんと過ごし、毎年多くの体験をし、帰っていきます。

中国の大学で、日本語や日本文化を教えているご主人をもつ友人は、
声楽家です。
嘆くこと嘆くこと、西洋クラシック音楽の環境は皆無だということ。
な~んでもいいから、コンサートへ行きた~い、と。

いろいろ話を聞きましたが、中国は変わりますよ。
さあ、日本、どうする!

九月も早や6日。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top